自然派ワインとは?

自然派ワイン

こんにちは。「みみりん」です!

最近、自然派のワインが流行っていますね!

レストランでもよく、耳にするようになってきました。

ところが、「自然派」ってナニ?

なんとなく、体にやさしいワインということは名前から推測できそうですけれど。

自然派ワインは飲んでみると、口当たりがやさしく、体にすぅっと染み込むような味わいがします。

とはいえ、自然派ってどんなワインなのか、
どんなワインを選べばいいのか、
わからないことばかり、、

その謎、解き明かしていきましょう。

自然派ワインとは?

自然の中にいる鹿
自然派ワインは別名”生きているワイン(ヴァン・ヴィヴァン)”とも呼ばれます。

日本酒でいうと生酒やどぶろくに近いのです。

これはワインの中の酵母の働きを抑える酸化防止剤(亜流酸塩)をほとんど使っていないことに由来します。

近年、ワインバーやビストロでよく見かける自然派ワイン
「健康に良さそう」「澱引きが面倒くさそう」と賛否両論です。

結局どんなワインなのでしょう。

自然派ワインは健康に良い!

草原にいる人形
自然派ワインの造り手が目指すのは本当の意味での「ぶどう100%で造ったアルコール飲料」です。

名前のイメージで、化学肥料や農薬を使わずに育てたぶどうを使ったワインという印象があるかと思いますが、それはもちろん大正解です。

また、不純物や添加物が少ないため、二日酔いが軽いと言われています。

科学的根拠はないそうですが、たしかにお酒が残らないような気がします。

自然派ワインの味の特徴

空を見ているテディベア
「ハッキリした味」というよりは「のんきな味」。

だから飲み飽きせず、長く楽しめます。

自然派ワインらいしい味に最も影響しているのは、酸化防止剤をほとんど使用していないことなんです。

酸化防止剤には味の輪郭をくっきりさせる効果もあるのですが、
それをほぼ使わない自然派ワインは、素朴でやわらかい味になります。

自然派ワインに合わせたい料理

焼き鳥
特に相性がいいのは焼き鳥や焼とん。

中華料理にもよく合いますね♪

自然派ワインと認定マーク

ビオディナミ_ビオ認定マーク
ボトルの裏側を確認すると上記の画像のように、ビオ認定マークが入っているワインを見かけます。

このようにオーガニックワインの認定を受けると、ボトルに認定マークが入り、飲む人に信頼感を与えます。

なぜなら、この認証マークは厳しい認定の基準をクリアしたという証拠であるからです。

ただ、生産者によってはワインの値上がりをきらい、あえて、認定を受けていない場合もあります。

ビオワインを見かけたら、ワインボトルの裏側に認定マークの有無を確認してみましょう。

自然派ワインを飲むときの注意点

大人の女性がガーベラの香りかいでいる写真
・自然派ワインをおいしく飲むには温度管理が重要です。

温度が上がりすぎると、ボトル内で眠っていた酵母が目を覚まし、
ろくなことがありません。

生肉や日本酒の生酒と同じと考えてもらえたらと思います。

・もう一つ、自然派ワインの中には開栓したては還元臭という独特の香りがあるものもあります。

しばらく置けば、きれいさっぱり消えるのですが、このせいで
「変なにおいがする」と誤解されがちで不憫です。

デキャンタージュしてから飲むのがおすすめです。

自然派ワインの歴史

原っぱの向こうの山を眺めている女性
2000年以降、日本に自然派ワインが入ってきた頃は、
上の注意点である2点がきちんと管理されたものが少なく、
最初に飛びついてくれたワイン愛好家の人たちをひどい目にあわせてきました(笑)。

そんな経緯もあり、「自然派ワインは苦手」と言うのはワイン上級者の方に多いのです。

しかし今は管理が行き届いた店も増えてきました。

そろそろもう一度試してみたら、また新たな発見があるかもしれませんよ。

自然派ワインは生産者の愛情がたっぷり

ワインの造り手
さて、こんなに制約の多いワインですが、フランス、日本を中心にファンはほとんど増えています。

それはワイン本来の姿を取り戻そうとする造り手の熱意があってこそ!

ちょっと小話ですが、造り手さんの熱意がありすぎて、働きすぎて、家庭に亀裂が入ったためか生産者には離婚している人が多いらしいです。

それでも彼ら彼女らは、理想のワインを追い求めずにはいられない性分なのです。

ロマンと熱狂が凝縮された自然派ワインの世界。
おもしろいですね!

みみりんのような凡人はその生き様、真似できませんが憧れますね~。

おすすめ自然派ワイン

ローランシュミット

ローランシュミット氏のワイン一覧

アルザス地方で、17世紀から続く生産者ローラン・シュミットのワインは、
フランスのミシュラン3つ星、2つ星をはじめとして異例ともいえる数の高級レストランが採用しています。

現在行われているビオロジック栽培は、2004年にスタートしました。

故ローラン・シュミット氏の奥様アンナ・マリー氏と二人の息子ジュリアンとブルーは、
環境にやさしいサステイナブル栽培を実施していたシュミット氏の遺志をしっかりと受け継ぎ、
完全無農薬栽培ビオロジック)に移行し更にワインの美味しさを追求しています。

それによって、より華やかで、美しい酸味やミネラルのコクを表現するワインを作ることができるようになりました。

この生産者は天然酵母のみで発酵して、収穫は全て手摘みです。

特別な日に飲んでみてはいかがでしょうか。

魚介類はもちろん、チキンやポークなど白身の肉料理との相性は抜群ですよ~。


Amazonソムリエが凄い!

ところで、みみりんはアマゾンのソムリエさんにワインを良く紹介してもらいます!
電話一本でAmazonソムリエに相談。
簡単で凄い!


ベテランワインアドバイザーやソムリエが、メール、お電話でワインの相談を承ります。 簡単操作で利用が可能、サービス料金ならびに電話料金は無料です。 料理に合わせるワインや、お世話になったあの方への贈り物について。または気軽に飲めるワインはどれ?…など、 ワインに関するお客様からのお問い合わせをお待ちしています。

Amazonソムリエの厳選ワインストアも

ソムリエ厳選ワインや、シーン別に人気のワインがまとめられているアマゾンのワインストアもあるのでぜひ見て下さい!



最後まで読んで頂いて、ありがとうございました♡
ばいばいきーん
自然派ワイン