生ワインとは?健康に良いの?

生ワイン

こんにちはっ!みみりんです。
みなさんは生ワインって聞いたことはありますか?
“生ビール”や”生酒”は聞き慣れてますよね。

今日はワイン好きの中でも話題に上ること多い”生ワインって何?”という疑問にお答えしようと思います。
聞いたことあるかも~でもわかりそうでわからないという方はこの機会に学びましょう!

私は以前、樽から直接グラスに注いだワイン(バーとかでたまにある、あんまりないか)、
バーとかでビールサーバーのワインバージョンから注いだグラスワインは何でも生ワインと呼ぶのかと勝手に思っていたのですが違います。汗
初めてこれ生ワインですって出されたものがワインサーバーから出てきたものだったんですよ~。

そろそろ、みみりんの話は置いといて、本題に入りましょう!

生ワインとは

“酸化防止剤が入っていない”、”熱処理を行っていない”、”保存料が入っていない”
このような特徴を持つ無添加のワインが生ワインとして販売されています。

フレッシュでみずみずしいぶどうそのものの味を楽しむことができ、やや甘口に感じるワインが多いように感じます。
女性の方におすすめで口当たりがよく、飲みやすいです。
ワイン初心者の方、お酒が苦手の方にもおすすめです。

今まで生ワインを飲んだことがない方は、ぜひトライしてもらいたいです。
酸化防止剤が入っていないということで、人間の体に優しいのですが、
同時に味が落ちるのが早かったり要冷蔵という欠点もちょっとだけあります。

健康に良いということ、自然の味に近いということで、
祖父母へのプレゼントなんかにも喜ばれるのではないでしょうか。

生ワインと言えば、日本ワインというイメージあります。
海外でも熱処理をしていないワインを一種類だけ作ってそのワイナリーだけで限定販売されていたりもします。
そもそも海外のワインは基本的に熱処理しないことも多いみたいですね。

また、基本的に少量しか販売されないことが多いので、特別感がありますよね。

私が飲むとしたら、天気のいい日にテラスでデザートワインとしてお料理の最後に飲みたいです!
新年の始まりに基本に立ち返るという意味でフレッシュな味わいを楽しむのも良さそうです。

勝沼生まれの酸化防止剤無添加生ワイン 赤

勝沼生まれの酸化防止無添加生ワインは、ワインに生まれ変わったばかりの自然に近い味わいを残すために酸化防止剤無添加で熱処理をせず、ろ過直後の状態で瓶詰めをしています。
コルク栓ではなく機械栓にこだわり、「温度変化に過敏な要冷蔵生ワインを皆様に味わっていただきたい」という思いから限定生産しております。
ワイン本来の自然な美味しさをお楽しみ下さい。

井筒 果汁発酵生にごりワイン2015 赤・白セット

長野県の桔梗ヶ原一帯で収穫されたナイヤガラ種ぶどうを使用して醸造したワインです。ぶどう果汁がワインへと変貌を遂げる発酵過程。その終了間際の状態を発酵タンクから直接瓶に詰めた限定醸造品です。

通常ワインを瓶詰する際、ワイン中に残っている酵母菌をフィルター等で濾過するか火入れ殺菌をします。そのまま酵母を残しておくと、瓶内で発酵を続けスパークリングワインになってしまうからです。でも生のままのワインには、にごりや微炭酸や体によい酵素やビタミンが豊富に含まれ、また香りが高く、ぶどう本来の味が感じられる特徴があります。

 果実味の中にわずかに感じる炭酸味の心地よさ、まだ発酵の余韻を残す爽やかな味わい。そしてなによりも香りの高さ。これこそ正にフレッシュ&フルーティなワインです。

p.s.私は生酒も大好きです!

生ワイン