スパークリングワインの魅力ってナニ?

バレンタインデーにシャンパンを飲んでいる写真

こんにちは!みみりんです!

今日のお題はシュワシュワ「スパークリングワイン」の楽しみ方。

スパークリングワインはシュワシュワ気持ちいい。

最近、バルやワインバーなどでも「とりあえず泡!」の人が増えています。

そこでは、カヴァ、プロセッコ、ペティヤンなど、シャンパンに比べると比較的安くて気軽に楽しめるスパークリングワインが大人気。

これらの陽気な泡たちを、もっと楽しむための知識と技をご紹介します!

どんなワイン?

シャンパン画像
スパークリングワインは、発泡性ワインのことで、フランスのシャンパンやスペインのカヴァのように、普通のワインをボトルに詰めてからさらに酵母と糖を加えて二次発酵させる方法(シャンパーニュ方式)、

イタリアのアスティプロセッコのようにタンクの中で二次発酵させる方法(シャルマ方式)などがあります。

この二次発酵によって、ワインの中に二酸化炭素が溜まり、発泡するわけです。

一般的には3気圧以上のものが発泡、それ未満のものが弱発泡に分類されます。

通常、スパークリングワインと呼ばれるものは3気圧以上の発泡ワインです。

最高峰はやっぱりシャンパン!


なかでもフランスのシャンパンが最高峰です。

発泡性のワインはすべてシャンパンと思っている人がいるかもしれませんが、
シャンパーニュ地方で、ぶどうの種類、醸造方法などAOC(原産地統制呼称)によって定められた条件を満たしたものだけが、
「シャンパン」を名乗れるのです。

ただ、シャンパンは手作業で丹念に造られるため高価になります。

日常で気軽に楽しむなら、スペインのカヴァやイタリアのプロセッコなど比較的安価なスパークリングワインがいいでしょう。

日常にはカヴァなど


たとえば、シャンパンと同じ方法で製造されるカヴァなら、安くてもおいしいものがあります。

バルなどで飲まれているものですから、タパスと呼ばれるつまみ的な小皿料理に合います。

日本でも居酒屋のつまみや家庭料理に合わせやすいでしょう。

レストランなどハレの食事ではシャンパン、気軽な店や家庭ではカヴァ、といった飲み分けもおすすめです。

最も重要なのは酸味

ぶどうのフレッシュな若木
スパークリングワインは泡のきめ細かさが重要、と思われるあもしれませんが、
実は最も重要なのは酸味なのです。

きれいな酸味があることで口当たりがよく、
料理との相性もよくなるのです。

どう選ぶ?

高価なシャンパンは品質が安定していますが、
比較的安価なカヴァなどは慎重に選んだほうがいいですね。

初心者であれば、大きな会社のものを選ぶと安心でしょう。

また、ハーフボトルはガス圧が低くなりがちなので、
フルボトルをお薦めします。

家では15℃くらいで保存しておき、飲む2日前ん冷蔵庫に入れ、
8~10℃にして飲むといいでしょう。


Amazonソムリエが凄い!

ところで、みみりんはアマゾンのソムリエさんにワインを良く紹介してもらいます!
電話一本でAmazonソムリエに相談。
簡単で凄い!


ベテランワインアドバイザーやソムリエが、メール、お電話でワインの相談を承ります。 簡単操作で利用が可能、サービス料金ならびに電話料金は無料です。 料理に合わせるワインや、お世話になったあの方への贈り物について。または気軽に飲めるワインはどれ?…など、 ワインに関するお客様からのお問い合わせをお待ちしています。

Amazonソムリエの厳選ワインストアも

ソムリエ厳選ワインや、シーン別に人気のワインがまとめられているアマゾンのワインストアもあるのでぜひ見て下さい!



最後まで読んで頂いて、ありがとうございました♡
ばいばいきーん
バレンタインデーにシャンパンを飲んでいる写真