【ワイン豆知識】ワインの糖質はどうなの?Q&A

ワインの糖質

Q.糖質を一番低く抑えられる酒はなんでしょうか?

ワインかウィスキー?

ベストアンサー

ワイン・日本酒・ビールといった醸造酒には糖質がたくさん残っています。

その糖質・糖分を利用して酵母菌がアルコール発酵するためです。

利用されなかった糖質がそのまま残っています。

(糖質ゼロのビールなどは特殊な製造方法で作られています)

ウィスキーやブランデーには蒸留時には糖質は残っていませんが熟成時の樽由来の糖質が多少含まれます。

ジンやウォッカ、テキーラと言った「ホワイトスピリッツ」と言われる無色透明な蒸留酒にはほぼ含まれません。

蒸留と言う工程を行うことでアルコールや香り成分を抽出し、その他の成分の多くは残渣として残るためです。

ただし、糖質制限ダイエットや糖尿病の糖質制限、カロリー制限に関していえばお酒は無意味です。

まずお酒のカロリーの多くはアルコールに由来するためです。

そしてお酒に含まれるアルコールが分解代謝される際に血中の中性脂肪が増加することが医学的に証明されています。

増えすぎた血中の中性脂肪は消費されることがなければ肝臓に付着したり、脂肪細胞に取り込まれ、太りやすい体質になっていきます。

出典:知恵袋

Q.ワインは白と赤では、基本的にどちらが糖質が高いですか?

ベストアンサー

白ワインの方が糖質は高いです。赤の辛口は糖質は少ないです。

飲み口の良いワインは甘いので、赤でも糖質は高めですよ。

出典・他のアンサー:知恵袋

Q.ワインを食膳に飲むと、血糖値が上がりやすいのですか?

ベストアンサー

見にくいかも知れませんが、下の図の中央が、各種ワインを飲んだ時の血糖値の上昇のデータです。

赤ワイン、ロゼ、白ワインを問わず、糖質が多いワインは、1時間後の血糖値が200ぐらいになっています。

一方、糖質が少ない辛口ワインは、1時間後の血糖値は変化がありません。

だから、甘口のワインは血糖値が上昇し、辛口ほど上がらないが回答です。

出典・他のアンサー:知恵袋

Q.最近、赤ワインが好きで晩酌で飲んでます。

でもカロリーがきになります。

カロリーが低い物や糖質0のの発泡酒のほうがいいでしょうか?

お腹がでてきて気になってます。

ベストアンサー

赤ワインが好きなら赤ワインを飲めばいいでしょう。

休刊日をきちんと設ければそれほど心配しなくてもいいです。

毎日飲むのはアルコール依存症にかかる恐れがあるのでお勧めできません。

きちんとお酒を飲まない休刊日を設けなければいけません。

毎日お酒を飲むのはやめたほうがいいです。

アルコール依存症になりかねません。

今すぐ改められることをお勧めします。

健康にもよくないですからネ。

お酒の飲みすぎはアルコール依存症になりますから気をつけてくださいね。

毎日飲んでいる人が次第に量が多くなっていつのまにかアルコール依存症になってる、
ということが良くあるのです。

本当に気をつけなければいけません。

お酒はお酒を飲まない休肝日を週に4、5、6日設けて適量を飲むのが、
正しいお酒の飲み方です。

常に連続48時間以上の休肝日を設けることがベストです。

アルコール依存症は精神的破滅、社会的破滅、経済的破滅を引き起こします。

現飲酒者の26人に1人がアルコール依存症です。

誰にでもなりうりますから気をつけてくださいませ。

お酒を飲むのは結構です、それが楽しみならそれでいいでしょう。

けれども、必ず休肝日を取っておくことが大切です。

それから、飲みすぎにも注意です。

お酒は飲んでも飲まれるなというように、飲みすぎは健康にも良くないです。

このことを必ず忘れないように心がけてください☆

必ず気をつけてくださいね、大切なあなたがお酒に人生を狂わされたら大変です。

大切なあなたがお酒とうまく付き合っていけますように。。。。。

願っていますネ。。。。

出典・他のアンサー:知恵袋

Q.ワインのもとになるぶどうの糖分・糖質はアルコール発酵によって減るんでしょうか?

ジュースでワインを造ろうと思っています。

が、濃縮還元ジュースの成分表示を見てみると、糖質が多くて、健康上怖くなりました。

でもワインにはあまり糖質が多くないようだし、もしかして発酵段階で糖質は減るのだろうかと思って質問します。

ベストアンサー

ソムリエです。

そうです、質問者さんのいうとおり、糖質がアルコール発酵で減少します。

ですので、ジュースをワインにしたら血糖は上がりにくくなりますよ。

出典・他のアンサー:知恵袋


Amazonソムリエが凄い!

ところで、みみりんはアマゾンのソムリエさんにワインを良く紹介してもらいます!
電話一本でAmazonソムリエに相談。
簡単で凄い!


ベテランワインアドバイザーやソムリエが、メール、お電話でワインの相談を承ります。 簡単操作で利用が可能、サービス料金ならびに電話料金は無料です。 料理に合わせるワインや、お世話になったあの方への贈り物について。または気軽に飲めるワインはどれ?…など、 ワインに関するお客様からのお問い合わせをお待ちしています。

Amazonソムリエの厳選ワインストアも

ソムリエ厳選ワインや、シーン別に人気のワインがまとめられているアマゾンのワインストアもあるのでぜひ見て下さい!



最後まで読んで頂いて、ありがとうございました♡
ばいばいきーん
ワインの糖質