ワインの味わいってどう表現すればいい?

ワインの味わいの表現の仕方

ワインの味わいってどう表現すればいい?

ワインと樽の写真ワインの味を表現するときのポイントとなるのは「果実味」と「酸味」。


果実味の中には香りから感じるものも含まれます。


一方、酸味はワインの旨味を構成するうえでもっとも重要な要素で、酸味が強いか弱いかによって印象が左右されます。


それに加え、赤ワインにおいては「渋み」も大切。


これは渋み成分である「タンニン」と表記されることも。


赤ワインの場合、渋みが強いかまろやかで味を表現します。


それに対し、白ワインでは「ミネラル」を重視。


みずみずしさを感じる白ワインの味を「豊富なミネラル感」などと表現します。


このほか、白ワインでは下に触れたときに感じる「甘さ」を、赤・白両方に共通する要素として、
飲んだ後に残る余韻から判断する「アルコール感」を味わうときに気にしてみるといいでしょう。


Amazonソムリエが凄い!

ところで、みみりんはアマゾンのソムリエさんにワインを良く紹介してもらいます!
電話一本でAmazonソムリエに相談。
簡単で凄い!


ベテランワインアドバイザーやソムリエが、メール、お電話でワインの相談を承ります。 簡単操作で利用が可能、サービス料金ならびに電話料金は無料です。 料理に合わせるワインや、お世話になったあの方への贈り物について。または気軽に飲めるワインはどれ?…など、 ワインに関するお客様からのお問い合わせをお待ちしています。

Amazonソムリエの厳選ワインストアも

ソムリエ厳選ワインや、シーン別に人気のワインがまとめられているアマゾンのワインストアもあるのでぜひ見て下さい!



最後まで読んで頂いて、ありがとうございました♡
ばいばいきーん
ワインの味わいの表現の仕方