【外出先OK】即効性のあるワインの染抜き方法をまとめました!

ワインの染み抜き方法

こんにちは!

何歳になっても食べ物&飲み物をこぼしてしまう、おっちょこちょいなみみりんです!

赤ワインをこぼしてしまったそこのあなた。

落ちついてください!

対処方法はたくさんあります。

しかし、やってはいけないことは『ごしごしと繊維に広がるように拭いてしまうこと』、
そして、こぼしたまま放っておくことの二つです。

それでは正しいワインの染抜き方法を説明します!

⓵【応急処置】まずは、ティッシュでやさしく拭く

タオルやティッシュなどで繊維表面のシミを急いで拭き取りましょう!

ウェットティッシュがあれば、なお良いです。

シミの上にティッシュを載せて、ぽんぽんと優しく優しく叩きましょう。

⓶【応急処置】素早く水洗いをする

「ちょっと失礼しますね」と一言、添えてお手洗いに直行しましょう!

赤ワインを衣類にこぼしてしまったことがわかったら、躊躇している暇はありません。

たとえ、友達の家やレストランにいたとしても、すぐ水洗いするようにしましょう。

シミがついた部分を水につけて、手でよくもみ洗いします。

先ほどのティッシュに水分を含ませて、シミを浮かせるようにほぐしてもいいです。

少し、温かめのお湯にすると、更に取りのぞきやすくなります。

③塩を使って落とす

ギブミーワイン【外出先OK】即効性のあるワインの染抜き方法をまとめました!
応急処置の後は具体的なシミ抜きの方法に入って行きましょう!

最も簡単かつ即効性があって、効果の高いワインの染抜き方法は塩を使う方法です!

赤ワインをこぼしてしまった布やカーペットの上に塩を振りかけます。

その際、できるだけ覆い隠すように塩をこんもりと山を作るように盛りましょう。

特に、赤ワインの水分が残っていれば、塩が赤ワインを吸収してくれます。

乾いてしまっても、諦めないで試してみましょう。

塩は市販のもので構いません。

もし、レストランなどで衣服にこぼしてしまった場合でも、同じように塩をもらって対処することができます。

自宅にいる場合はその後、塩を掃除機で吸い取りましょう。

④オキシドールを使って落とす

ワインの染抜きにオキシドール
二つ目はオキシドールをかけて落とす方法!

傷口の消毒液やムダ毛の脱色に使われるオキシドールですが、実は赤ワインのシミにも効果があります。

※この方法は効果も高いですが、生地が傷みやすく色落ちの危険性もあるので十分に気をつけながらやってください。

やり方は赤ワインが付着した布の裏に乾いたタオルを置きます。

その上に、オキシドールと食器用洗剤を綿棒などで混ぜた混合液を、少量ずつ、様子をみながら試していきます。

⑤【自宅の場合】台所用洗剤をつける

食器用洗剤はそもそも、食べ物の汚れを落とすためのもの。

ワインのシミにも有効です。

水で軽く薄めた洗剤をシミにかけて軽く押し付け、それをいらない布やタオルなどで拭きとりましょう。

⑥【自宅の場合】洗濯機で洗う

ギブミーワイン【外出先OK】即効性のあるワインの染抜き方法をまとめました!
洗濯機で洗ってよい素材かを確認し、洗える素材であればその日のうちに洗ってしまうようにしましょう。

⑦漂白剤を適切に使う

生地によっては漂白剤が使えないものもあるので、衣類の絵表示をよく確認しましょう!

漂白剤の種類は塩素系と酸素系の2種類があります。

おすすめは酸素系の漂白剤。

理由は下に↓

塩素系の漂白剤は漂白力が強く、洋服の染料まで脱色してしまうため、色柄物には使用できません。

酸素系の漂白剤は洋服の染料を脱色しないので、白物にはもちろん色柄物にも使用することができます。

定番のワイドハイターや手間なしブライドなどがそれに当たります。

ちなみに、粉末タイプの方が汚れが落ちやすいです。

やり方は液体酵素系の漂白剤を歯ブラシに少量つけて、シミの部分を軽く叩きながら、優しくなじませます。

そのまますすぎ洗いをして、可能であれば洗濯をすれば染み抜きは完了です。

⓼赤ワインの汚れは炭酸で落ちる

炭酸水の二酸化炭素には汚れを浮かせてくれる性質があります。

それらが普通の水で拭くよりもきれいに汚れを浮かせてくれます。

炭酸水を染み込ませて、シミの部分を叩くようにして拭き取ります。

炭酸水はコンビニやスーパーなどで100円以下の値段で売られてるので、買い求め安いですよね。

それだけですが、染みが嘘のようななくなります。

⑨赤ワインの汚れは重曹で落ちる

しみとそのまわりに重曹をたっぷりと振りかけます。

そして、熱湯を周囲から円を描くように注ぎかけて行きます。

重曹が溶けると同時に、赤ワインの染みも綺麗に消えて行きます。

100均にも重曹が売っているので、一つ買っておくと重宝しそうですね。

⓾ステインペンを使う

ワインの染抜き方法にステインペン
ペン先でやさしくこするだけでシミが落ちます!

税込594円程で、ドイツ製のこのステインペンは名前通りペンほどの大きさなので、持ち運びも楽です。

ワイン以外の口紅や醤油、ヨーグルトなんかの乾いたシミの応急処置にも使えるので、
小さい子供がいる家庭などは、一つ持っておくといざというときに便利ですね!

⑪クリーニング屋さんに持って行く

ここまでの方法を試してもシミが気になる場合や大切にしている衣服の場合は、最終手段としてプロに任せましょう。

その際はもちろん、シミ抜きをキチンとしているクリーニング店を選ぶこと。

今は、無料シミ抜きを実施しているクリーニング屋さんも多いです。

その他、宅配クリーニングやコンビニに持込んで24時間いつでも出せるサービスなどもあります。

クリーニングに出す場合も繊維の中に汚れが入り込んでしまう前にできるだけ、早く出すように心がけましょう。

⑫【都市伝説】「赤」ワインの汚れを「白」ワインで落ちる!?

赤ワインの汚れは白ワインで落ちる
一部の都市伝説として、「赤」ワインの汚れは「白」ワインで落ちるという説があるみたいです。

この説を検証している赤ワインのシミは「白ワイン」で落とせる!? : おばあちゃんの知恵袋LABO | Lidea(リディア)によると、やはり白ワインで落とすのはむずかしいようです。

「赤」ワインの上に「白」ワインをのせることで、中和されて色は薄くなるので、落ちているように見えるけど、汚れは残っているという・・。

まとめ

赤ワインをこぼしても上記のような方法できれいにすることができます。

皆さんも試してみてくださいね☆


Amazonソムリエが凄い!

ところで、みみりんはアマゾンのソムリエさんにワインを良く紹介してもらいます!
電話一本でAmazonソムリエに相談。
簡単で凄い!


ベテランワインアドバイザーやソムリエが、メール、お電話でワインの相談を承ります。 簡単操作で利用が可能、サービス料金ならびに電話料金は無料です。 料理に合わせるワインや、お世話になったあの方への贈り物について。または気軽に飲めるワインはどれ?…など、 ワインに関するお客様からのお問い合わせをお待ちしています。

Amazonソムリエの厳選ワインストアも

ソムリエ厳選ワインや、シーン別に人気のワインがまとめられているアマゾンのワインストアもあるのでぜひ見て下さい!



最後まで読んで頂いて、ありがとうございました♡
ばいばいきーん
ワインの染み抜き方法

コメントを残す